FrontPage

ようこそ!

家族コミュニケーション研究 pomの会

■皆様の家庭教育をお手伝いします■

子育てに関する以下のような問題に対応します

◎しつけ・育て方
◎学業に関して
◎学校生活および学校での人間関係
◎無気力、情緒不安定など
◎発達上の不安
◎ゲーム、スマホ等の依存
◎両親の不和の問題

各種サポートおよびコミュニケーショントレーニングを通じ問題に寄り添い、解決に向かって、伴走させて頂きます。

▪️フォローアップコーナーを設けました▪️

既に講座やセミナーにご参加いただいた方のための、ご感想や質問等を受け付けております。

《こちら》から、お気軽にどうぞ



《お知らせ①》
日々の親子バトルにお疲れの方、子どもの情緒不安定や無気力が心配な方、そのイライラや不安から効果的に抜け出すための「親業訓練一般講座」直近スケジュールはこちらです。
↓↓↓

''・11/12(土)12/10(土)1/14(土)2/4(土)
※全4日 計24時間( 9:30〜16:30)'' 中野区にて実施

※ご都合がつかない日の補講、ご相談に応じます。

親業で期待できるのは
↓ ↓ ↓
こんなこと

詳細はこちらから

お申込はこちらから

《お知らせ②》
体験セミナー
お父さんのための親業学習会
〜子どもの問題を予防する3つの効果的な関わり方〜

❤お父さんこそ、家庭教育のキーパーソン、そんな思いでこのシリーズを始めました。まずは、お父さんが「家庭内」そして「職場」でできるだけ笑顔でいられること…実はそれこそが、子どもに建設的な影響を与える早道だと強い思いを抱いています。
日ごろの迷い・葛藤など、安全な場で本音トークしつつ、スッキリ感を味わっていただければ何よりです。そんな気がねない雰囲気の中で、ご参加の方のニーズに合わせた「効果的な家族コミュニケーションのコツ」をお持ち帰りいただくのが目的です。

家族療法や、学校教育相談に携わっている関係で、さまざまな子どもの問題に触れてきました。不登校、家庭内暴力への対応(予防的なものも含めて)、夫婦関係のメンテナンスなどを得意としております。

■2017年 9月1日(金)19:00~20:30
■中野区産業振興センター (地図
■参加費 500円

 【お申し込みはこちら】

《お知らせ③》
「子どもに勉強を強要せずに、むしろ自分を磨く親」になることを目指す方々のために、〈ペアレント・アカデミア〉という活動をスタートします。
様々な形で親御さんたちの知的好奇心を刺激する勉強会を企画し、親子で一緒に考える機会へとつなげていただくことを目的としています。

詳しくは、こちらをご覧ください。




■特別セミナーのお知らせ■


終了しました。
実施報告はこちら

「どんな子どもが難関を突破するのか」
   
  ~受験を効果的に支える、親の関わり方~



・日時 2015年 7月12日(日)15:00~
・内容 第一部「公立中高一貫校入試の現在と、受かる子の特長」15:00~16:00
    ワンポイントレクチャー「子どもの自主性の育て方」
    第二部「医学部入試の現在と、受かる子の特長」16:15~17:15
    ワンポイントレクチャー「子どもに怒りをぶつけないコントロール法」
・参加費 第一部1000円、第二部1000円 両方とも参加の場合1500円
・会場 中野区産業振興センター
・定員 30名
・申込み 「7月12日セミナー 第○部参加申込」と明記の上、こちらの→<お問い合わせ
フォームからお願いします。



親業訓練講座の詳細はこちら



何を学ぶの?

親業って、どんなことを学んでどんな効果があるの? と関心をお持ちの方にむけて、単発でご参加いただける学習会を随時実施しています。
テーマは、例えば以下のようなものを考えています。

① お父さんのための親業学習会 
~子どもの成長を効果的に支える「3つの方法」~

② 子どもが学校で悩んだ時の、効果的な関わり方

特にお父さんの役割や関わり方について、強い関心をおぼえています。
母親とは異なる特別な影響力をもっているのが父親の強みだと思えるのですが、それが負の方向に向かった時には心配です。

家族の関係は、常に「循環」しています。
好循環を保つか、じわじわと悪循環に陥るか…関係性のバランスという意味において、意外にもお父さんの影響を受けやすいご家庭が多いように感じます。
一人親家庭の場合でも同様です。父親的な役割が、家庭内でどのように機能しているか、ふと立ち止まり確認するチャンスとして、学習会をご活用いただければ幸いです。 



親業訓練=ゴードンメソッドについて

『親業訓練』とは、米国の臨床心理学者・トマスゴードン博士が、
親たちのコミュニケーショントレーニングのために考案したプログラムです。
頭で考えたり知識を得ることだけでなく、実際の場面を想定しながら繰り返しロールプレイを行ったり(これが中々思うとおりにいかず、そこが学びの醍醐味でもあります)、受講者同士の実践体験を共有する形で講座が進みます。
米国でその活動がスタートしたのは、今から50年も前のことです。

詳しい成り立ちや理論については、協会の公式サイトを参照くださいね。
親業訓練協会のホームページ こちらから閲覧できます。

※インストラクター紹介ページに私の自己紹介も載っています。

このサイトでしたいことは、日常起こり得るさまざまな場面で、
親業でできることは何か…について考え、情報を発信していくことです。

特に、社会生活で困難に遭遇した際、しなやかにその衝撃を受けとめ、自分で乗り越える意欲と自立心ある子どもを育成するお手伝いに、強い意欲を感じています。レジリエンス(精神的回復力)を育てる効果的な方法が、親業訓練で手に入ります。

  • 学業や目標達成への重圧や挫折。
  • 人間関係のトラブル。
  • 事件や事故、災害に見舞われる体験。

社会生活には、厳しい現実が少なからず存在します。
自分もその荒波へと子どもを送り出す親の一人として、
できることは何か…を考え続けていきたいのです。

a:17847 t:2 y:60

powered by Quick Homepage Maker 4.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional